れんの控え室@ポケカブログ

はじめまして!れんと申します。このブログは、ポケカブログを定期的に更新しております。最近は月一でウィクロスブログも書いています!どの記事も1000文字前後と読みやすくなっておりますので、通勤通学の行き帰りなどにぜひお読みください。

ゼロから始めるウィクロス生活 #11 前編 キーセレクション 奇数グズ子デッキ紹介!【ルリグデッキ】

f:id:Renwaitingroom:20190805000821j:plain

 皆さんこんにちは!れんです。今日は久しぶりのウィクロス記事です!先週は諸事情によりお休みをいただいていましたが、今日からまた火木の週2投稿頑張っていきたいと思います。まず初めにお知らせです。現在過去の記事の一部が非公開となっておりますが、もうそろそろ公開しなおせる予定となっております。もう少々お待ちください。さて、今回紹介するデッキは奇数グズ子デッキです。名前の通りシグニが奇数のものしか入れないデッキのことです。今日はルリグデッキ編となります。それではさっそく注目カードの紹介をしていきたいと思います。

 

f:id:Renwaitingroom:20190819202112j:plain

まずはレベル4のグズ子です。出現時にデッキトップを公開し、奇数シグニの場合には2ドローできます。このデッキにはそもそも奇数のシグニしか採用しないため、必ず2ドローできるということになります。ターン開始時のドローと合わせて1ターンに4枚も引けるのは魅力的です。また、リミットが11のため必ず3面にレベル3を置けるのもこのデッキの良いところかなと思います。他のデッキの場合はレベル4シグニがいるため、場にどのシグニを置くか、どこに置くかを検討しながらプレイする必要がありますが、このデッキではその時間かなり短縮できます(ゆっくり考えるとスロープレイをとら…)。話が逸れましたが、奇数グズ子は決して3止めのデッキではないので積極的にこのカードを採用していきましょう!

f:id:Renwaitingroom:20190819203911j:plainf:id:Renwaitingroom:20190805003324j:plain

 次に紹介するのは、ブラッディストライクです。このデッキはレベル4シグニがいないためシンプルなシグニ同士の殴り合いには負けてしまう可能性があります。そこで、複数面開けるためにこのアーツを採用しました。6エナと若干重い気もしますが、ターン終了時までシグニ2体のパワーを-15000することができます。パワーがパンプされていなければほぼすべてのレベル4シグニをバニッシュすることができます。難点としては、このカードを採用することで黒の強力アーツであるリーサルブラックが採用できなくなってしまいます。どちらを採用するかは好みによって変わるところだとは思いますが、初心者のうちは、なるべくシンプルなテキストのブラッディストライクを採用することをお勧めします。

f:id:Renwaitingroom:20190629154207j:plain

最後にキーの紹介です。今回採用をお勧めしたいのは異体同心華代です。エクシード2で相手のシグニ1体をバニッシュできます。シンプルですがアーツを使わずに1面開けることができるのでとても強力です。どのキーを入れるか困ったらこのカードを入れましょう!

 最後までお読みいただきありがとうございました。ご質問ご意見ご要望ございましたらコメント欄やtwitterのDMにてお願いいたします。それではまた次の記事でお会いいたしましょう!