れんの控え室@ポケカブログ

はじめまして!れんと申します。このブログは、ポケカブログを定期的に更新しております。最近は月一でウィクロスブログも書いています!どの記事も1000文字前後と読みやすくなっておりますので、通勤通学の行き帰りなどにぜひお読みください。

JCS本番! JCS持ち込みデッキ候補紹介! ※再投稿

f:id:Renwaitingroom:20190607133217j:plain

 皆さんこんにちは!れんです。今日は日曜日ですので、ポケモンカードについて書いていきたいと思います。今日6月9日はJCSの2日目です!ということで、私が一週間前までJCSに持っていこうとしていたデッキを紹介したいと思います。ちなみに、6月7日にこの記事を書いているのですが、持っていくデッキは決まっておりません!(笑)なので、タイトルもデッキ候補となっております。それでは、種類ごとに採用理由などをご紹介していきたいと思います。

 ・ポケモン 12枚

ルカリオ&メルメタルGX(以下、メルカリ) 2枚

 このデッキのメインアタッカーです。後述するドータクンとフーパで対処しきれないジラーチサンダーやパンプジンなどはこのポケモンで対処します。また、レシラム&リザードンが6エネ付けるようなプレイングをしてきた時は、メルカリを出して二子玉を手張り、前に出て行ってフルメタルフォールGXの追加効果ありでエネをトラッシュすることも出来ます。このポケモンのGXワザはとても強力なので、むやみやたらに使うことは避けましょう。

 

ドータクンードーミラー 3枚-3枚

 主に炎を主軸に組んだデッキに対して強く出るためのポケモンです。ドータクンの特性により炎ポケモンからワザを受けないので、こちらが一方的に殴るだけで勝てる試合もあります。ただし、6エネ付いたレシラム&リザードンからのGXワザは貫通されてしまうので、注意が必要です。

 

フーパ 2枚

 フーパは主に炎以外のGXポケモンを主軸に組んでいるデッキとマッチしたときに威力を発揮します。特性によりGXからワザのダメージが通らないので、ゾロアークGXを主軸としたデッキなどに対して有利です。フーパの強さはかなり多くの人に認知されているので、多くは書きません。

 

カプテテフGX 2枚

 サイド落ちを気にしての2枚採用ではなく、2枚使うのでそこだけ気を付けてください。1枚は初手リーリエ用でもう1枚は試合を決めるグズマを呼んでくる用です。

 

 ・グッズ 18枚

ハイパーボール 3枚

ネストボール 4枚

 ポケモンサーチ用のグッズです。たねポケモンが多いのでネストを多めにしてあります。ハイパーボールはテテフサーチ用とドータクンサーチ用で必要なので無駄に使うことがないようにしましょう。

 

鋼鉄のフライパン 2枚

メタルゴーグル 2枚

ぼうけんのカバン 1枚

 ポケモンの道具に関連するグッズです。対戦相手によってフライパンとゴーグルの使い分けが必要なので、どちらも確実に持ってこれるようにカバンも採用しています。マタドガスなどの特性でダメカンを溜めてくるような相手にはゴーグルで対処、炎デッキ相手でメルカリスタートしてしまった時にはフライパンで対処するようにしましょう。どちらの状況でもないときは引けたほうからポケモンにつけるようにしてください。ダメージ‐30はシンプルに強いです。

 

フィールドブロアー 1枚

リセットスタンプ 1枚

レスキュータンカ 2枚

 だいたいどのデッキにも入ってくるカードたちです。ピン刺しトリオとなるデッキが多いと思いますが、このデッキはフーパを使いまわすことがあるので、レスキュータンカだけ2枚採用です。フーパを使いまわす場面としては、ルガゾロとのマッチで予想外の非GXが出てきてフーパが倒されてしまったなどです。

 

まんたんのくすり 1枚

タッグスイッチ 1枚

 メルカリで戦うことになった場合、回復リソースが尽きた時点でジリ貧になってしまうので、アセロラ以外の回復リソースとしてまんたんのくすりを採用しています。また、まんたんのくすりのデメリットを少しでも減らすためにタッグスイッチを採用しています。タッグスイッチでエネを動かしてからまんたんのくすりを打つことで、エネトラッシュを最低限に抑えることができます。

 

 ・サポート12枚

リーリエ 2枚

シロナ 2枚

ジャッジマン 1枚

 ドローソースのサポートたちです。初手は基本的にはリーリエかシロナを打ちましょう。例外として、自分の手札が3枚以下に減らせるのであればジャッジマンでもいいと思います(結果として手札が増えるので)。レシラム&リザードンとのマッチアップで、6エネ付いたレシラム&リザードンにフルメタルフォールGX追加効果ありを打ち込めるのであれば、そのターンにジャッジマンを打ったほうがいいです。できるだけ相手の手札を減らし、溶接工とエネを手札に残させないという作戦です。

 

アセロラ 4枚

 主にメルカリで戦うことになった際に使うサポートです。とにかく耐え続けて相手のLOを待つか、リソース切れを待つかの二択です。GXワザを打った後で、フライパンやゴーグルが付いていれば、常時ダメージが‐60されます。その状況下ではなかなかワンパンしてくるポケモンがいないので、アセロラはとても役に立ちます。また、フーパで戦う試合で、対戦相手がカラマネロ等でアタックしてきた場合、手負いのフーパを回収する手段にもなり得ます。

 

グズマ 3枚

 試合を決めることのできる1枚。とにかく強いです。序盤でこちらのポケモンを入れ替えたい時に1枚、中盤で入れ替えが必要になってしまった場合に1枚、試合を決める1枚を想定しているので合計3枚となります。相手がスッカラカンのグランブルデッキの場合などは、相手のシステムポケモンをひたすら倒すために3枚使うことも出来ます。

 

 ・スタジアム 4枚

テンガン山 2枚

トキワの森 1枚

無人発電所 1枚

 スタジアムの枚数はまだ調整が必要な場所です。このデッキを回した感じだと、テンガン山2枚は若干重い気がします。今の環境を考えると無人発電所が2枚あってもいいかもしれません。私自身、このデッキはJCSに持って行かない可能性が高いので、現段階での調整案はこの位しか思い浮かびません。もし、良い案などありましたら、教えてください。

 

 ・エネルギー 14枚

基本鋼エネルギー 8枚

レインボーエネルギー 2枚

ダブル無色エネルギー 4枚

 このデッキはメルカリで戦うことが1番多いので、鋼エネルギーが8枚と多めの採用となっております。また、メルカリ、ドータクン、フーパともにダブル無色エネルギーがとても相性の良いエネルギーですので4枚採用です。レインボーエネルギーはフーパを動かすために2枚採用しておりますが、基本悪エネルギーでも良いかもしれません。というのはギラティナのシャドーインパクトというワザが抵抗込みで110点をフーパに当ててきます。フーパのHPは120なので10耐えますが、レインボーエネルギーを使うと10点フーパに乗ってしまうので結局ワザが使えないなんてことになりかねません。JCSに近づくにつれて、超バレットというデッキタイプが再び流行り始めています。ギラティナを考慮に入れると基本悪エネルギーがベターかなとも思います。

 

このデッキをJCSにもっていかない理由

 では、最後になぜこのデッキをJCSに持って行かないのかということについて軽くお話したいと思います。理由はいくつかありますが、一番大きな理由はケルディオGXへの回答が見つからないです。

f:id:Renwaitingroom:20190607143054j:plain

特性によってメルカリで戦うというプランは取れない、フーパを立ててもソニックエッジがフーパを貫通してくる…。唯一の突破手段は、無人発電所を張ってメルカリで殴るというものですが、スタジアムが張り替えられた時点で終了。こんな大きな弱点があるデッキは9回戦ある大会には持っていけないなと思い、やめました。なにか良い改良案れば、教えていただけると嬉しいです。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!デッキの改良案などありましたら、コメントやtwitterのDMにてお願いします!それではまた来週のポケモンカードの記事でお会いいたしましょう!

 

YouTubeチャンネルはこちら

www.youtube.com

 

twitterはこちら

リーベルフルーイング (れん&はる&壱於) (@rb_fl3) | Twitter